Playstationの怪奇ゲーム”LSD”のSoundFontを使ってオリジナル楽曲を作ってみました

 どうも、音楽の講師をさせて頂いているレトロゲーム好きの西野竜平です。

 どれだけの人が知っているか判りませんが、私の中では超有名で大名作のPlaystationの"LSD"。

 作者も私が大好きな"佐藤理"さん。"東脳"や"中天"などの奇妙な世界観を展開するアドベンチャーゲームなども制作されています。

 "これのSoundFont無いかな~"って好奇心でGoogle検索をしてみたら、まさか存在しました。拾ってご馳走様しました。 LSD: Dream Emulator Wiki

 SoundFontってなんぞや、と言いますと、音色のサンプラー。サウンドフォーマットの事です。

 シンセサイザーや電子キーボードの様に、Cの音にピアノのCやギターのCの音色をセットする事が出来るのと同じように、CDEFGABの鍵盤それぞれに好きな音をセッティングする事が出来る。という代物です。

 つまり、Playstationの"LSD"で使用された音源や音色などを、DAWやDTMを利用して音色を鍵盤に設置出来るデータを有志が作っていたという事です。素晴らしいお仕事です!感動。

 という訳で私も早速作って遊んでみました。

 音の悪さがとってもいい感じに味を出しています。気持ちが良いです。作った楽曲も、LSDのオリジナルのBGMとして流れていそうな感じに寄せまくって作ってみました。

 皆さんもSoundFontを使って遊んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA