【個人的な妄言】リセットボタン式輪廻転生論と私の体験しているオカルト的な話

 イラストレーターとして活動したり、音楽活動したり、パソコン使って色々作ったり。色んな事に手を出してる割に鳴かず飛ばず。「私は何の為に生きてるの?」ってナイーヴになってる西野竜平です。

 私は将来多分、"病気"によって死ぬと思うのです。

 死亡宣告を医者からされた際には、「やる事全部やったので大丈夫ですよ」と、潔く受け入れたいので、やりたい事は全てやっていこうと考えて日々生きています。

 今回のブログのタイトル「【個人的な妄言】リセットボタン式輪廻転生論と私の体験しているオカルト的な話」というちょっと気味悪い物なのですが、これについて話してみたいと思います。

 "死んだ後の世界"なんて、正直どうでもいい。って方もいらっしゃると思いますが、SF話として聞いてもらえると幸いです。

死んだ後の世界

 人は死んだ後、どうなるんでしょうかね?個人的にはかなりワクワク、気になります。

  • 天国・地獄で宜しく過ごす
  • 来世で生まれ変わる輪廻転生
  • 無。何にもない。

 大体この三つが意見として挙がると思います。

 私の持論、妄想は二番目の"来世で生まれ変わる輪廻転生"を少し曲げた考え方です。

"死んだ後、生まれ直す"輪廻転生論

 何言ってるか訳判んないと思うので、気持ち悪くも語ってみたいと思います。

 例としてまず、1980年に生まれた人がいたとしましょう。

 そして、その方は2000年に亡くなり、19歳という短い人生の幕を下ろしたとします。

 その後、その人は、再び1980年に生まれ直し、再び2000年に亡くなる。というゲームのリセットボタン的な輪廻転生論です。

"正夢"がフラッシュバックとして成立する

 再び気持ち悪い発言をしますが、私はよく正夢を見ちゃいます。マジで。皆さんは見た事ありますでしょうか?ありませんか?ありませんか。すいません。

 更に気持ち悪い事言うと、10代の頃は霊感があって、幽霊見たり、顔面右頬に両手の手形付けられたり、幽霊おばーちゃまに挨拶されたり。という体験をしてました。

 霊感が関係しているのかどうかはよく判らないのですが、その気持ち悪い10代に、色々な正夢を見てきました。

 その正夢と既視感デジャヴは、何故見えるんだろう?って考えたら、一番納得できたのが "一度見た。一度体験した" だと思ったのです。

結論:リセットボタン式輪廻転生論は面白い

 兎にも角にも、 話してて思いますが、 とっても胡散臭いですね。

 とりあえず、 正夢を正当化するとしたら、"一度見た。一度体験した"という仮説が面白いと思うのです。

 という訳で、"リセットボタン式輪廻転生論"ってのが事実だったらとっても面白いと思うのです。

 この仮説、もとい妄言を頭の隅っこに入れててもらえれば、「シニテー」って思いたくなるこんなポイズンな世の中。もし自殺を選択して実行してしまったら、リセットボタン式輪廻転生論で生まれ変わったら、また自殺しなきゃいけなくなるという怖さがあると思うのです。

 この妄想が、本当だったら面白いなぁ、っていう気持ちの反面、というか9割、この記事気持ち悪いなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA