PHOTOSHOPでレトロゲーム風写真加工のやりかた

 レトロゲーム大好き中年小僧の西野竜平です。

 個人でゲームを制作したいなぁというお年頃です。スーパーファミコンなどの様に"実写取り込みゲーム"を完成イメージにしたサウンドノベルゲームを作ったりしています。

 当時の感じを出すにはどうしたら良いかと思い、Photoshopを弄って劣化作業の試行錯誤をしていましたら、サムネの画像に仕上がったので、そのやり方をブログにしてみようと思います。

 写真加工としても結構エモいと思うので、Photoshopを持っている人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

画像用意

 フリー素材、ぱくたそさんから借りてきました。これをPhotoshopに取り込んでレトロ加工して遊んでみましょう。

画像調整

 明るさ調整、トーンカーブの調整をお好みで行います。レベル補正では明暗がクッキリする様に調整します。

インデックスカラーにしよう

 インデックスカラーで、色の使用数を減らします。

 カラー数20、強制が参考画像で白黒になってますが、「なし」にしましょう。

 量は大体15%位がよさそうです。

画像サイズを縮小しよう

 元の画像が1600pxなので、"÷4"にして縮小しました。あまりに小さくし過ぎるとドットが潰れてしまいます。こちらもお好みで調整しましょう。

画像サイズを元に戻そう

 画像サイズを元の1600px、また"×4"にして戻します。

完成

 かなりレトロ感が出たんじゃないかなって思います。

 色々活用できそうなので、漫画とかにも使ってみようかなって思いました。

アバター

About Ryuhei Nishino

イラストレーター/音楽講師/パソコン講師/ネット関係のお仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA