“好き”を”頑張る”のは辞めた方が良いんじゃないかな

 "創作"なら何でも大好きなワンパクおじさん西野竜平です。

 突然ですが、"頑張る"ってなんなんでしょう?

  • 絵が上手くなるために"頑張って"毎日ちょっとでも練習する。
  • ギターがうまくなりたいから"頑張って"毎日ちょっとでも練習する。
  • 映像制作が上手くなりたいから"頑張って"毎月ちょっとでも練習する。
  • ゲームが上手くなりたいから"頑張って"毎月ちょっとでも練習する。

 "頑張る"って「好きな事を楽しむ」というより、「好きな事を嫌いになる努力」に感じませんか。

 もちろん、"頑張る"努力を積み重ね続けても"好き"が潰れない人はいると思います。私は根性がないので、すぐに"好き"が潰されてしまいます。

 例えばギターを例にしてみると、

  • 音楽が好きだから自分もやってみよう!
  • ギターを手に入れたからには、上手くなるために練習だ!
  • う~ん上手くならないから、もうインテリアにしよう。

 という感じで、置物になってしまっているギターを何十本も見たことがあります。

 これが、"頑張る"に"好き"が潰された結果なんじゃないかなって思うんです。

 学校の勉強にも言える事だと思うのですが、好きな教科だったら"勉強"や"頑張る"という感覚がそもそも無いと思うのです。

 私は、算数が初めから"嫌い"です。"勉強"を"頑張って"毎日やった結果100点満点中17点などの低空を維持していたからです。

 国語・社会・理科・英語は90~100点をマークしていました。これは、元々"好き"だったお陰で、"勉強"や"頑張った"気持ちは全くありませんでした。

 算数が出来ないので、もちろん数学も出来ません。

 「これではマズイなぁ」と思い商業高等学校に進みました。

 パソコンと電卓は"好き"でしたので、簿記・情報処理・珠算電卓・ワープロは各種1級を取る事が出来ました。が、やはり数学の点数は悪かったですし、九九が未だに言えなかったりします。

 これらの個人的な経験から、"好き"な事を"頑張る"というのは人にオススメはしたくありません。

 "好き"な事を"頑張る"のではなく、"好き"を"楽しむ"方向で物事に取り組む事をオススメしたいです。

 "好き"が"嫌い"にならないよう、"頑張る"のを辞めて、"楽しむ"追求を提案したいなぁって思います。

アバター

About Ryuhei Nishino

イラストレーター/音楽講師/パソコン講師/ネット関係のお仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA