Raspberry Piをシンセサイザー楽器にして遊ぼう 「Realtime modular synthesizer for ALSA」

 どうも、寝不足黒子の西野竜平です。

 今回、家で眠っているRaspberry Pi 3 b+を何かに使えないかなって事で、MIDIキーボードで動作するシンセサイザーとして使う事にしました。

Realtime modular synthesizer for ALSAをインストールしよう

 では早速、左上のラズベリーマークをクリックして、

 設定 ⇨ Add / Remove Software を起動します。ここでシンセサイザーを探します。

 取り合えず、"Synth"と検索してみましょう。

raspberry pi ラズパイ 楽器 シンセサイザー Realtime modular synthesizer ALSA

 いっぱい出た。

 これでは迷ってしまうので、"Realtime modular synthesizer for ALSA"だけをとりあえず選択してみましょう。

Advanced Linux Sound Architecture (ALSA) とは、サウンドカードのデバイスドライバを提供するOpen Sound System (OSS)を置き換えるために開発されたLinuxカーネルコンポーネントである。

Wikipedia (ウィキペディア)

 "Realtime modular synthesizer for ALSA"のインストールが完了したら、次のコマンドでプログラムを起動します。

 pi@raspberypi: ~ $ ams &

 シンセサイザーが起動したら、MIDIキーボード(USB MIDIキーボード)を接続しましょう。今回は、AKAI ProfessionalAPC KEY 25を使ってみようと思います。

 繋がっているかどうかをラズパイ内で確認します。

 pi@raspberrypi:~ $ aconnect -l

 これで、デバイス名が表示されれば接続がされているという事になります。しかし、繋いだだけでは音が出ないので、演奏が出来ません。

 では次に音を出す為、"JACK Audio Connection Kit"を以下のコマンドで呼び出します。

 pi@raspberrypi: ~ $ qjackctl &

JACK Audio Connection KitもしくはJACKは低レイテンシーで呼び出されたJACK対応アプリケーション同士でのオーディオ、MIDIデータ両方の接続を提供するサウンドサーバデーモンである。

Wikipedia (ウィキペディア)

 JACK Audio Connection Kitが起動したら、接続(Connect)を選択します。すると、新規でConnectionsウィンドウが起動します。

 まず、"Audio"のタブの"Outputポート"にある演奏したいシンセサイザーの"out_0"、"out_1"と、"Inputポート"にある"system"の"playback_1"、"playback_2"をそれぞれ接続します。

 次に、"ALSA"のタブの"Outputポート"にあるMIDIキーボード(USB MIDIキーボード)と、"Inputポート"にある演奏したいシンセサイザーのinputを接続します。

 これで音が鳴りました!お疲れ様です!

 それでは、音のテストをしてみましょう。まず、"File"にある"Open Demo"でBassを選択してみます。

 無事にシンセサイザーが起動しました。それでは演奏してみましょう。

 この他にも様々な音色もありますし、自分で組み立てて好みのプリセットを作っていって遊びましょう。

 次回は、また別のシンセサイザーを試してみたいと思います。

アバター

About Ryuhei Nishino

イラストレーター/音楽講師/パソコン講師/ネット関係のお仕事をしています。

コメントを残す