Raspberry Piをシンセサイザー楽器にして遊ぼう 「SunVox」

 どうも、Raspberry Piで遊ぶのに今更ハマっている西野竜平です。

 今日は、YouTubeで"Raspberry Pi synthesizer"と検索したら上位に出てくる"SunVox"で遊んでみようと思います。

SunVoxをインストールしよう

 まず、"SunVox"本体をダウンロードします。

 アヒルさんで"sunvox"と検索します。ここに出てくる"WarmPlace.ru. SunVox Modular Music Studio"に入ります。

 すると、こんな画面になります。今の所無料ソフトです。

 Downloadにある、"SunVox for Windows、macOS、Linux and Windows CE"をクリックしてダウンロードを開始します。

 待っている時間がもったいないので、別に必要なものを用意をします。

 設定 ⇨ Add / Remove Software を起動します。

 そこで、"libsdl2"と検索します。

 すると、結構たくさん出てきます。そこにある

 "Simple DirectMedia Layer"

 "Simple DirectMedia Layer development files"

 この二つをラズパイ内に追加します。

 先ほどの"SunVox"本体のダウンロードが完了しました。フォルダを開いて確認してみましょう。

 確認が出来たらZIPファイルを解凍します。

 展開先を

 /home/pi

 ファイルは"全てのファイル"

 オプションは"ファイルをフルパスで展開する"にします。

 解凍が出来ましたら、"sunvox"を開きます。

 "SunVox"が開きました。

 今回も前回同様に"AKAI APC KEY 25"を使って、演奏テストをしてみます。

 ラズパイ本体にUSB接続。念のためにコマンドを開き、MIDIキーボード (USB MIDI キーボード)が認識されているか確認します。

 pi@raspberrypi:~ $ aconnect -l

 これで、デバイス名が表示されれば接続がされているという事になります。

 そして、"SunVox"の画面に戻ります。

 左上の"SunVoxマーク"をクリックします。壺みたいな形状のマークです。

 そこにある、"Preferences"(環境設定)をクリックし、"MIDI"を選択します。

 一番上の"MIDI controller 1"に使用するMIDIキーボード (USB MIDI キーボード)を選択します。

 AKAI APC KEY 25の場合は、右にある"Ch."の部分を"2"に設定すれば、PAD部分ではなく、鍵盤部分で演奏する事が出来ます。

 これで一通りの設定が終了しました。早速適当に演奏してみましょう。

 音が良い!そして、カスタム性がかなり高い!という事で、ライヴ演奏やYouTube演奏動画にももってこいな印象です。

 次回も、また別のシンセサイザーを試してみたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

アバター

About Ryuhei Nishino

イラストレーター/音楽講師/パソコン講師/ネット関係のお仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA