Raspberry Piが4になってからも3B+を使い続けてる西野竜平です。

 今回は、"Yoshimi"という高性能で面白そうなシンセサイザーを発見したので紹介いたします。

Yoshimiをインストールしよう

 では、早速Yoshimiをインストールします。

ラズパイ raspberry pi シンセ 楽器 synth yoshimi シンセサイザー

 コマンドで、

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install yoshimi

 と入力して、インストールします。

ラズパイ raspberry pi シンセ 楽器 synth yoshimi シンセサイザー
ラズパイ raspberry pi シンセ 楽器 synth yoshimi シンセサイザー

 インストールが完了したら、左上のRaspberryメニューの"サウンドとビデオ"の中に出来上がった"Yoshimi"を起動。

 プリセットもツマミも豊富で、やりこみ度・作りこみ度かなり高いです!

 今回は、DAWからMIDI信号を送信したいので、オーディオインターフェースとRaspberry PiにUM-Oneを差し込んで音を出してみようと思います。

ラズパイ raspberry pi シンセ 楽器 synth yoshimi シンセサイザー
pi@raspberrypi:~ $ aconnect -l

 これで、デバイスが接続がされている事を確認。

ラズパイ raspberry pi シンセ 楽器 synth yoshimi シンセサイザー
pi@raspberrypi: ~ $ qjackctl &
ラズパイ raspberry pi シンセ 楽器 synth yoshimi シンセサイザー

 JACK Audio Connection Kitが起動したら、接続(Connect)を選択します。すると、新規でConnectionsウィンドウが起動します。

 "ALSA"のタブの"Outputポート"にあるMIDIデバイスと、"Inputポート"にある演奏したいシンセサイザーのinputを接続します。

 それでは、早速音を鳴らしてみましょう!

 "Yoshimi"をインストールして、ライブや録音などに活用してみましょう!

 YoshimiってThe Flaming Ripsから来てるのかな?