【PHP入門講座】PHPの基本ルール

PHP入門講座「PHPの基本ルール」の画像

 PHPの記述は非常にシンプルで手軽であると言われています。

 今回は、PHPの基本的な書き方やルールについて解説いたします。

PHPの基本的な書き方の前に

 PHPのファイルを作成する際には、ファイルの拡張子を".php"にする必要があります。例えば、"index.php"や"hogehoge.php"となります。これでファイルがPHPファイルであると認識されます。

PHPの基本的な書き方

 例として、"Hello World"とブラウザで表示させるファイルを作成します。"hello.php"という名前のファイルを作成し、Webサーバーのルートディレクトリ(DOCUMENT_ROOT)に置いてください。

<html>
 <head>
  <title>PHP Test</title>
 </head>
 <body>
  <?php echo '<p>Hello World</p>';?>
 </body>
</html>

 上記の記述は、サイトのタイトルを"PHP Test"に指定し、本文に"Hello World"を表示させる非常にシンプルな物になります。

 それでは、ブラウザを使用して"/hello.php"で終わる Web アクセス用 URL を指定し、 このファイルにアクセスしてください。

  ローカルに開発を行っている場合、この URL は "http://localhost/hello.php" または "http://127.0.0.1/hello.php" のようになります。 しかし、これは Web サーバーの設定に依存します。 全てが正しく設定されている場合、 このファイルは PHP によりパースされ、以下の出力がブラウザに送信されます。

PHPの基本的な書き方、hello worldの画像

 hello.phpをブラウザ上に読み込むと、"Hello World"が表示されます。

 先ほど記述したコードの結果、

<html>
 <head>
  <title>PHP Test</title>
 </head>
 <body>
  <p>Hello World</p>
 </body>
</html>

 上記のコードがブラウザに送信されます。

PHPの基本的な書き方 : PHPの記述ルール

 先ほどのPHP記述の際、"<?php" から始まり、"?>" で終わるPHPの記述がありました。

<?php
 echo '<p>Hello World</p>';
?>
  • "<?php" は、PHPの開始タグになります。
  • "echo" は、後続の文字列を出力する命令。シングルクォーテーション( ' )で囲まれた部分を出力します。
  • " ; " は区切り文字。分の終わりには セミコロン( ; )を記述しなければなりません。
  • " ?> " は、PHPの終了タグになります。

※現在では、PHPの終了タグ " ?> " の利用は推奨されていません。

 つまり、<p>Hello World</p>という文字列を出力します。というのが今回の記述になります。

PHPの基本的な書き方 : シングルクォーテーションとダブルクォーテーションについて

 シングルクォーテーション( ' )やダブルクォーテーション( " )は、囲まれた箇所をプログラムではなく、文字列であると認識させる為に用います。

 どちらも同様の動作を行いますが、ダブルクォーテーション( " )で囲まれた変数は、展開されて表示されます。

 例えば、

ダブルクォーテーション( " )の場合、変数が展開され「123456」と表示される。

<?php
 $a = '123';
 echo "{$a}456";

シングルクォーテーション( ' )の場合、変数が展開されず「{$a}456」とそのまま表示される。

<?php
 $a = '123';
 echo '{$a}456'

 上記の例から、基本的には、シングルクォーテーション( ' )を利用し、必要な個所でダブルクォーテーション( " )を利用する事を心掛ける事をオススメします。

 変数については、https://ryuheidou.com/2021/07/11/5703/の記事を参照ください。

PHPの基本的な書き方 : 文字列の連結

 文字列は、" . (ピリオド)" で接続する事ができます。

<?php
 echo '123' . '456';

 上記のコードで、「123456」と表示されます。

PHPの基本的な書き方 : コメント、コメントアウト

 コメントやコメントアウトは、プログラミングの際に処理や役割を説明する上で、重要な役割を担います。

 プログラムの中に書き込まれた、処理の記述以外の説明文のことをコメントと言います。

 ソースコードをコメントする事でプログラムを無効化する事をコメントアウトと言います。

行頭に" // "を付ける場合

<?php
 $str = 'コメントのテスト'; //ココはコメント

//結果の表示
 echo $str;

 「//」は、行頭から行末まで1行でコメントする場合によく利用されます。

コメント範囲を「/* */」で囲む

<?php

/* 2021年7月記述
複数行のコメントが可能になります。
複数行のコメントが可能になります。
*/

 $str = 'コメントのテスト';

/* 結果の表示 */
 echo $str;

 「/**/」は、複数行のコメントを行う際によく利用されます。改行を入れる事も可能です。

PHPの基本的な書き方 : 数値と文字列結合 その1

 今回の記事を踏まえて、以下のコードを入力してみましょう。

<?php
 $a = 123;
 $b = 456;

 $c = $a + $b;

 echo $c;

 " $a "に「123」を代入します。次に" $b "に「456」を代入します。

 " $c "には、「$a + $b」を代入します。123+456つまり、「579」が代入されます。

 そして、最後にechoで" $c "を表示させます。すると、以下の画像の様になります。

PHPの基本的な書き方 : 数値と文字列結合の画像

PHPの基本的な書き方 : 数値と文字列結合 その2

 <?php
 
   $a = 123;
   $b = 456;
 
   $c = $a + $b;
   $d = $a + $b;
 
   echo "$a + $b; = $c <br />\n";
   echo "$a + $b; = $d";

 " $a "に「123」を代入します。次に" $var2 "に「456」を代入します。

 " $c " に、「$a + $b」を代入します。123+456つまり、「579」が代入されます。
 " $d " に、「$a」と「$b」を文字列として結合したものを代入します。文字列"123"と文字列"456"が結合した状態、つまりは、「123456」が代入されます。

 1つ目のechoでは、「123 + 456 = 579」と表示されます。

 2つ目のechoでは、「123 + 456 = 123456」と表示されます。

※<br />はブラウザ表示(HTML)での改行で、\n はHTMLソースでの改行。

PHPの基本的な書き方 : 数値と文字列結合の画像

この記事のまとめ

 PHPの基本中の基本について記事を書かせて頂きました。

 シングルクォーテーション( ' )やダブルクォーテーション( " )と文字列連結のピリオド( . )を組み合わせる場合がある為、この3つのポイントだけ、混乱しないように気を付けましょう。

 また、「/**/」のコメントを用いる際、行頭と行末をしっかりと忘れずに囲みましょう。エラーの元になりますのでこちらも注意が必要です。

 また、今回紹介したHTMLの中でPHPを動かす様なやり方は現在推奨されておらず、PHPを主体としHTMLを生成する方法が主流となっております。また、" ?> " PHP終了タグも省略する事が推奨されております。

<?php
    echo '<html>
<head>
  <title>PHP Test</title>
</head>
<body>
  <p>Hello World</p>
</body>
</html>';

A.2.1. 全般

PHP コードのみからなるファイルでは、終了タグ ("?>") は決して含めてはいけません。終了タグは、PHP には必要ありません。終了タグを省略することで、ファイルの最後にある空白文字が出力に影響することを防ぎます。

 Zend Framework PHP 標準コーディング規約 : http://framework.zend.com/manual/ja/coding-standard.html

About Ryuhei Nishino

イラストレーター/音楽講師/パソコン講師/ネット関係のお仕事をしています。

コメントを残す