【PHP入門講座】PHPの変数とは

 今回は、PHPの基礎基本である、「変数」について解説致します。

変数とは

 変数とは、様々な文字列や数値を入れておく「箱」になります。

 プログラムを記述する際、様々なデータを様々な場面で使います。

 長い文字列や数値、計算式を変数という箱に入れておくことが出来、繰り返し使い回す事が可能になります。

$name = "Yamada";

  " $name " という変数の箱の中に、文字列" Yamada " を代入演算子を使って代入する事が出来ます。

 つまり、「name」という箱の中に、ダブルクォーテーション ( " )で囲まれた文字列、「Yamada」が入ったという事になります。

※ " = " はイコールではありません。" = " は、「代入演算子」で、「右側を左側に入れる」意味を持ちます。

 次に、「Yamada」をブラウザ上で表示させたい・出力させたい場合は、" echo " を使います。

 " echo " とは、「1つ以上の文字列を出力する」という言語構造です。" echo " は関数ではありません。

<?php
$name = "Yamada";
echo $name;
PHPの変数の書き方、Yamadaの画像

 上記のように、 " echo " で 変数 " $name " を表示しろ。とプログラム上で命令すると、 " $name " に入っている文字列 " Yamada " がブラウザ上で表示されます。

 因みに " echo " とは、引数に指定した文字列を出力します。カンマ区切りで複数の文字列を指定した場合は、それらの文字列が続けて出力されます。

echo 文字列1[, 文字列2... ]

変数の使い方のルール

 「変数名(識別子)」、つまり変数に名前を付ける際には、以下の通りの注意点が幾つかあります。

 その① 必ず" $ " を使用し、変数の最初に記述する。

 その② 使用可能な文字は、半角英数字と " _ " (アンダースコア)

/* 例 */
$name  // 英語アルファベット
$name1  // 英数字
$nameA  // 英語と大文字
$name_a // 英語とアンダースコアと小文字
$_1name // アンダースコアと英数字 

※注意点として、$の後に数字を入れる事はできません。

 その③ 大文字と小文字は区別されます。

/* 例 */
$name_a
$name_A

//上記はそれぞれ別の変数となります。

この記事のまとめ

 今回は、PHPに欠かせない基礎、「変数」についての記事を作成しました。

<?php
$name = "Yamada";
echo $name;

 上記の例では、$nameに「Yamada」が入り、echoで$nameを呼び出すと「Yamada」が出ます。

<?php
$hogehoge = "Suzuki";
echo $hogehoge;

 次の例では、$hogehogeに「Suzuki」が入り、echoで$hogehogeを呼び出すと「Suzuki」が出ます。

 次回は、関数や引数についての記事を作成する予定です。

About Ryuhei Nishino

イラストレーター/音楽講師/パソコン講師/ネット関係のお仕事をしています。

コメントを残す