【Web漫画】よかろうもん

さいごのコバナシ

 どうもこんにちは、西野竜平です。(https://twitter.com/ryuheidou)

 漫画を描いてみたいなぁという妄想は幼い頃からありました。が、漫画を描くというスタートがこんなんで良いのかは正直疑問です。

 読んでみていかがだったでしょうか。意味わかんなかったでしょう。私もそう思います。

 インターネットで色んな人と交流したいと常々思うのですが、人見知りなもので、知らない人に話しかけるのは大変怖いです。そんな矛盾を解消すべく、"絵"をコミュニケーションツールとして活用しよう。と思い、2016年1月あたりにウェブ漫画「よかろうもん」を描き始めてしまいました。

 自画自賛して申し訳ないのですが、結構カワイイ絵柄を開発する事に成功したと思っています。デフォルメ効いてて、作画がとってもラクですし。

頭おかしいweb4コマ漫画「よかろうもん」の元ネタ画像

ウェブ漫画「よかろうもん」のβ版

 こういう事を言うと、共感よりも反感を買ってしまいそうなのですが、ボケに対して過剰な突っ込みをする漫才スタイルの漫画を描こうとしちゃうと、"ツッコミ滑り"を起こしているのでは・・・?と不安と恐怖が渦巻いて、金属バットを枕元に置かないといけなくなります。

 なので、シュールレアリスムの様な、"これはボケなのか?これはオチなのか?これはなんだ?"みたいな有耶無耶グレーゾーンなネタを捻り出した結果、こんな頭おかしいよく判らん漫画が出来上がってしまった訳です。

 この絵柄、結構気に入っているので、いつの日か続きを書いてみたいな、と思っています。

 他の人には大したことない漫画ではありますが、私にとっては、"大切な絵柄"を獲得出来た漫画なので、"怪奇"なジャンルのまま続きは描いていこうと思います。

 というコバナシを入れておけば、"なんか作家っぽい"と思ったのですが、今夜から枕元に金属バットを置いて寝なければなりません。